年末が近づくと大掃除の季節になり俄然ハウスクリーニングや清掃業者のコマーシャルや広告が増える。
みんな一度ならず頼んでみたいなと思ったことがあるだろう。

そんなときは一体何を基準に選ぶのだろうか。
価格か。
人柄か。
知名度なのか。
大手だから安心とか価格が手頃だからとかスタッフが女性または男性のみだからとか人それぞれの基準があるだろう。
しかし一番確かだと思われてるのがいわゆる、くちコミ、ではないだろうか。
どこそこの誰それさんが頼んでみて良かった見たいよ、というのが一番信用できる気がする。
実際使った人が、良かった、と言っているのならかなりポイントがたかいのではないだろうか。
それが工夫でありメリットでもある。

ハウスクリーニングや清掃業者のこれからの取り組みやトレンド


大手では広く試して良いところを知ってほしいのでお試しプランや、スポットプランなどの一回のみのサービスを謳っているところなどもある。
あるいは回数券方式で1回15分100円というのも聞いたことがある。
または大掃除の季節が繁忙期となり夏などは受注が極端に少なくなるので意識改革のために、夏こそ汚れが落ちやすい、というキャッチコピーを見かけたこともある。
これからは年配者の人口が増えるのでどうしても大きな掃除を外部に頼むことも多くなってくる。
そこにどうやって切り込んで行くのか。
年配者は掃除をお金を出して人に頼むなんてもったいないと考えがちだからである。
しかし現実は換気扇の掃除は高所、やバスタブのエプロンは重い、などの掃除は至難である。

ハウスクリーニングや清掃業者のいろいろ


ハウスクリーニングは大きく分けて2つある。
ひとつは何ヶ月かに一回頼む文字通りハウスクリーニングである。
換気扇、風呂、トイレ、シンクまわりの掃除などで専用洗剤と専用の道具を使用してきれいにする。
もう一つはハウスキーピングである。
これは定期的に家庭に伺い家庭の主婦または主夫がするような掃除、家事を行うものである。
また清掃業者というのは賃貸物件の退去後の部屋をきれいにしたり原状回復の手伝いをしたりする。
または企業等の掃除を受けおう。

オススメリンク

依頼時の注意点

これから、ハウスクリーニングを自宅で行っていきたいと思っている場合、どのようなことに注意をして依頼し…Read more

需要は高い

自宅は自分で掃除するのが一般的です。しかし、状況次第では自分で行うことが難しいケースもあるのです。そ…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

    需要は高い

    自宅は自分で掃除するのが一般的です。しかし、状況次...

    Readmore

    依頼時の注意点

    これから、ハウスクリーニングを自宅で行っていきたい...

    Readmore

    リフォームとの違い

    賃貸物件において、お部屋探しをする際に気になるのは...

    Readmore